電話でのご相談予約はこちら

0120-49-5225

平日9:30~21:00/土日祝9:30~18:00

メールでのご相談予約はこちら お問い合わせフォーム 24時間・365日受付

メニュー メニュー

労働災害を
神戸の弁護士に相談

労働災害について

労働災害(労災)でお困りのことはありませんか?

労働災害(労災)でお困りのことはありませんか?

  • 業務中や通勤中に負傷したらどうすればいい?
  • 会社が労災を認めない、申請をしてくれない
  • 会社に損害賠償を請求したい
  • 労働災害によるケガは、会社に責任を問える可能性があります
何度でも相談無料
まずはお気軽にご相談ください まずはお気軽にご相談ください
お電話でのお問い合わせはこちら 0120-49-5225

平日9:30~21:00
/土日祝9:30~18:00

メールでのお問い合わせはこちら <24時間受付>メールでのお問い合わせはこちら

交通事故による労働災害

交通事故専門チームと連携

交通事故専門チームと連携

ベリーベストは、交通事故の月間相談件数500件以上の実績があり、弁護士だけではなく医療コーディネーターが後遺障害等級認定支援を行い、交通事故被害に悩む多くのお客様をサポートしています。被害者の方が不利益を被らない最良な解決方法をご提案いたします。

  • 損害賠償 無料計算ツール
  • 慰謝料無料計算サービス

豊富な解決実績!

累計解決件数
1,955
累計解決金額
34億4412万2893円
  • 上記件数は、2011年1月以降に解決した実績数です。
  • 実績数は残業代請求、不当解雇、労働災害等、労働問題の累計数となります。
  • 解決実績の件数には復職して解決したケース等、解決金額0円のものも含みます。
夜間 ご来所相談をご希望の場合

夜間 ご来所相談をご希望の場合

労働災害(労災)について弁護士に相談したいが、平日の昼間はなかなか仕事を抜けられないし有給もとれないとか、病院にいかなければならないと言った理由で、仕事や通院が終わった夜間に相談できればとお考えの方はいらっしゃいませんか。
当事務所では、事前にお問い合わせいただければ、夜間や土曜日にご相談いただけるよう調整しております。
労災に悩んでおり、弁護士に相談したいが相談に行く時間がないとあきらめていた方は、ベリーベスト法律事務所神戸オフィスにご相談ください。

兵庫県内・神戸市内で労働災害に遭われた方へ

兵庫県内・神戸市内で労働災害(労災)についてお悩みの方は、ベリーベスト法律事務所神戸オフィスへお問い合わせください。

労災とは、「業務上の事由又は通勤による労働者の負傷、疾病、障害、死亡等」をいいます(労働者災害補償保険法1条)。
たとえば、仕事中に機会に巻き込まれたり、足場から転落したりして怪我をする、通勤中に事故に遭う、過労によりうつ病を患うなどが考えられます。

労災については、労働者災害補償保険法に基づく保険給付の制度があり、療養費(治療費)や休業補中の収入の補償を受けることができます。
労災保険は、一人でも労働者を使用する場合には加入が強制され、保険料は事業主が全額負担しなければなりません。

このように、労災保険は労働者にとって心強い制度といえますが、いざ従業員が労災に合うと、労災と認めない、あるいは労災の申請手続に協力をしてくれない会社もあります。

会社が労災を認めない、あるいは、申請をしてくれない理由としては、いろいろなものが考えられます。
個人事業主などの場合、手続のことをよく知らないとか、手続が面倒だということもあるでしょう。
逆に、ある程度の規模の事業主の場合、労災の多寡に応じて保険料を増減させるメリット制という制度があり、労災が少なければ保険料が安くなるので、保険料を抑えたい事業主が労災を認めないということもあります。
また、会社が十分な労災防止措置をとっていなかった場合、労働監督基準署の調査や行政処分を受けるおそれがあり、これを嫌って会社が労災の事実を認めないという場合もあります。

このような「労災かくし」は違法行為であり、労働者としてはあくまで労災保険給付請求のために必要な証明を求めるべきですが、悪質な事業主に対して個人で対応することは難しい場合も多いでしょう。

そのような場合には、専門家である弁護士の力を借りることをご検討ください。
弁護士が法律論に基づいて労災申請手続に協力するよう交渉することで、会社が応じる可能性は十分にあります。

また、会社が労災申請手続に協力をしてくれたとしても、労災保険給付により支払われる額が妥当なものか疑問を持たれる方や、労災保険給付で補償されない損害についてどうしたらいいのかお困りの方もいらっしゃるでしょう。
労災保険は、本来は事業主が責任を負うべき業務上の災害などについて、労働者の保護のために事業主に強制的に保険に加入させ、保険金を給付する制度ですが、補償の範囲は法律で定められたものに限られており、労働者の損害の全てを補てんするものではありません。
たとえば、業務上の理由でけがをしたために仕事を休んだ場合、労災保険から休業補償給付と休業特別支給金というお金が支払われるのですが、支払いを受けられるのは休んでから4日目以降のもので、しかも給与の全額ではなく休業補償給付と休業特別支給金の合計で8割にとどまります。
このように労災保険からの給付で損害のすべてを賄えない場合、会社が従業員の安全を配慮する義務を怠ったといえるときは、会社に対して業務上の理由により受けた損害と労災保険からの給付との差額を請求することができます。
今もまだ会社に籍を置いているので、会社に対して請求しづらいとお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、これは従業員の正当な権利であり、ためらう必要はありません。

労災保険給付の申請には2年の時効(障害補償給付、遺族補償給付、障害給付及び遺族給付を受ける権利は5年)がありますので、おひとりで思い悩んでいる時間はありません。
ベリーベスト法律事務所では、労災についてのご相談は初回60分でお受けしております。
兵庫県内・神戸市内で労災にあった方、ご家族を労災で亡くした方など、労災についてお悩みの場合は、ベリーベスト法律事務所神戸オフィスへお気軽にご相談ください。

お気軽にお問い合わせください ご相談の予約はこちら

0120-49-5225

営業時間 平日9:30~21:00
/土日祝9:30~18:00

< 24時間受付 >メールでのお問い合わせ

神戸オフィスの主なご相談エリア

神戸市垂水区、神戸市須磨区、神戸市長田区、神戸市兵庫区、神戸市中央区、神戸市灘区、神戸市東灘区、神戸市北区、神戸市西区、尼崎市、西宮市、伊丹市、宝塚市、川西市、三田市、川辺郡猪名川町、明石市、加古川市、高砂市、加古郡稲美町、加古郡播磨、西脇市、三木市、小野市、加西市、加東市、多可郡多可町、姫路市、神崎郡神河町、神崎郡市川町、神崎郡福崎町、相生市、たつの市、赤穂市、宍粟市、揖保郡太子町、赤穂郡上郡町、佐用郡佐用町、豊岡市、養父市、朝来市、美方郡香美町、美方郡新温泉町、篠山市、丹波市、洲本市、南あわじ市、淡路市にお住まいの方

ページ
トップへ